不動産投資で期待することは何ですか

誰でもお金を投資や投下をすると言うことは利益を得ることを目的にしているのは当然ですが、投資にも種類がたくさんあると思います。

投資というものは利益を期待してお金を投下するわけですが、必ず利益が得られる保証はありませんことを事前に承知していなくてはならないことだと思います。

ギャンブルもそうですが利益が出ることもありますが、大抵は損をすることが多いのではないでしょうか(私だけかも?

)。

投資は利益を期待して投下するにしても、何でも良いから手を出していたのでは利益を得られないと思います。

が友人から不動産投資を薦められていますが、身近な投資では株式投資は良く聴くことがあると思います。

株式投資は2つの期待を持つと言われていますが、★投資した会社の利益を配当金として受け取る期待★購入した会社の株式を売却したときに株式の価値によって利益を得られる期待。

いずれにしても購入した株式は会社の業績がアップして利益が上がらないことには投資者の利益は得られないことになります。

不動産投資も株式投資もお金を投下することは同じですが、対象とするものが会社と不動産との違いがありますので、不動産投資で期待できることを探してみませんか。

株式投資は投資した会社の業績によって利益が還元されれば投資は大成功ですね!

でも業績悪化や場合によっては会社崩壊・・になりますと損をすることになります。

ギャンブルと違って一発逆転ってことはあり得ませんので、いかにリスクを最小限にとどめる投資を考えなければいけないと思います。

株式投資は会社の利益を期待して投資するわけですが、「不動産投資は」

不動産事業にお金を投下して利益を求める投資になるわけです。

では不動産投資で期待することは何でしょうか?

★購入した不動産を他人に貸して月極の賃料(家賃)として利益を得る期待★購入した不動産を売却して売却利益を得る期待・・。

不動産投資の場合も賃料の場合は空室が長く続きますと賃料の収入減となりますし、契約の為に賃料を下げることになりますと収入減につながります。

不動産を売却する場合も購入した金額より売却時の不動産価値が下がっていると売却しても利益は得られないことになりますが、不動産の場合は土地があれば全ての価値がゼロになることは考えにくくリスクは最小限に止められと思います。